30歳女 ゆるめの断食を決意 1か月で5.3kg減に成功し歓喜

30歳女性独身です。私は最近体型の崩れに悩んでおり、1か月ほど前からダイエットを続けているのですが、意外な方法でダイエットに成功しました。ここまで効果が出たダイエットは初めてだったので今でも継続してダイエットをしています。

ダイエットをするきっかけは久しぶりに会った姉からの一言でした。姉は私より身長が低いのですがやや太り気味で、かと言ってダイエットはしていません。その姉から会って第一声で「あれ?デブになった?」と言われました。さすがにデブと言われるほどの体型ではないですし、姉よりも痩せている私ですがその一言はショックでしたし非常に悔しい思いをしました。そこでダイエットをしようと奮起したのです。

私が行なったダイエット法は基本的に断食です。1日1食を守るという一見過酷なダイエットなのですが、たまたま食欲が落ちていた頃に断食を始めたのでダイエット開始から数日後には1日2食に慣れて1週間後には1食に落ち着きました。夜ご飯だけは食べるようにして、その他の食事は摂らず水を大量に飲みます。また夜ご飯の時は好きな食事をして良いというルールを決めたのです。

今回ダイエットするにあたって最も意識したことは、継続できるダイエット法ということです。激しい運動で一気に痩せても、痩せた後も継続的に運動をするのは大変ですしモチベーションが下がってしまいます。そこで徐々に痩せていき、かつ身体的疲労が殆どない方法で痩せるように意識して、結果長く継続できるダイエット法はないかと研究したのです。そして1食だけ好きな食べ物を食べられるようにしてストレスを軽減し、ダイエットを苦痛なものにしない「ゆるい断食」を始めたのです。

その結果、ダイエットを始めて2週間後には1.3kg減に成功することができました。また1か月後の現在までに5.3kgも体重を減らすことが出来たのです。ここまで結果が出たダイエットは初めてでしたので、断食の効果の高さに大変驚きました。ダイエット中はストレスを全く感じないで生活することができ、厳しい運動などをしないのでやる気も落とさず継続できましたので心身共に楽な姿勢で取り組むことが出来ました。ストレスがかからないのにきちんと体重を減らせたことが嬉しかったです。むくみ対策はhttps://electricchevelle.com/が詳しいです。

今回のダイエットで良かったと思う点は、断食の合間にほんの少しの筋トレを取り入れたことです。ただ、この筋トレは毎日するのではありません。運動という意味で筋トレをしたのではなく、食欲が出てきた時にだけ20回ほど腹筋をするというものでした。これは筋トレや運動をした後は食欲が落ちるというメカニズムを応用したものです。例えばおやつが食べたくなったり夕食まで待てないと思った時に、腹筋を20回ほど連続で行ないます。すると身体が程よく疲れてそれまでの食欲を抑える事が出来たのです。これはいつもテニスサークルに通っている母から教わったメカニズムなのですが、母からのアドバイスを上手くダイエットの中に組み込んで行なったことがダイエットの成功を招いたのだと思います。なので母が適切な助言をしてくれて助かりましたし、本当に良かったと感謝しています。唯一の後悔は、ここまで効果があるダイエットならもっと早くから始めていれば良かったということです。断食自体は珍しい方法ではありませんので、もっと早い時期から自分の体型を意識して断食に挑戦していれば、姉からデブと言われることもなかったと自分の甘さに悔やむばかりです。

ダイエットというものは誰しも辛い思いをしながら行なうものです。今回のダイエットも、朝昼の食事を抜くのはやや口寂しいですし水ばかり飲んでいるので何か食べたいという衝動に駆られて辛い時期もありました。そんな辛い思いをしながらダイエットに励む方々へお伝えしたいことは、ダイエットを出来るだけ楽な姿勢で行なうと効果的だということです。ダイエットで一番大切なのは体重を落とすことですが、それと同じ位に大切なのはダイエットをしようというやる気がどれだけ続くかということです。もしダイエットに成功しても、その後もダイエットを継続してリバウンドを防げるかが次の課題になりますし、体型キープのためにも常にダイエットをする必要があります。その時にハードな方法でダイエットをしていると、成功した後はやる気が落ちてしまいがちなのであまり負荷をかけすぎないダイエットに励んでほしいと思います。